6. define

ヘッダーファイル類には、defineによってマクロが定義されている。

6.1. R.h

R_ext以下のファイルをインクルードするファイル。R CMD SHLIB を使うときは、このファイルを必ずインクルードする。

6.2. Rdefines.h

さまざまなマクロが定義されているファイル。

次のコマンドで定義されているマクロを見れる。

grep "#define" /path/to/R/include/Rdefines.h | awk '{print $2}'

/path/to/ は、Rのパスに置き換えてください。

簡単にまとめると

NEW系
AS系
IS系
POINTER系
DATA系
VALUE系
SET系
GET系
MAKE_CLASS
s系
COPY
CREATE系
EVAL

6.3. Rinternals.h

Rの内部に関するファイル。ここにもマクロが定義されている。

PROTECT
UNPROTECT
length
ncols
nrows
mkChar